癌に関する情報が満載!

癌の原因は遺伝よりも生活習慣

日本人の死因の原因として、常に上位にランクインしている癌ですが、家系によってなりやすい人となりにくい人がいるなどと言われています。
大腸、乳房、卵巣、皮膚、泌尿器、目にできるものや、骨軟部肉腫、脳腫瘍、内分泌系の腫瘍は、遺伝によるものが多いとされていますが、全体で考えると全体の1%にも満たない確率となります。
通常は細胞内に2つあるがん抑制遺伝子が、生まれつき1つしかない場合は、2つある人よりもがんになりやすくなってしまうからです。
多くの場合、癌は生活習慣によって引き起こされるようです。
喫煙の習慣がある、飲酒の習慣がある、野菜をあまり食べない、塩分の摂取が多い、運動量が少ないなど、いくつか当てはまる人は要注意です。
バランスのとれた食生活、適度な運動、ストレスをためない生活を心掛けるほか、癌との関連性が疑われているピロリ菌やヒトパピローマウイルス、肝炎ウイルスなどに感染しないよう気を付けましょう。

癌はすべて遺伝するか?

親族がガンになると「癌家系だから」という人がいます。
家系内で受け継ぐ病気かもしれませんが、それは種類によって変わってきます。
そして、同じガンになるには特徴があります。
若い時にガンを発症した事のある人がいる、家系内に何回もガンを発症している、家系内に特定のガンを発症しているなどがあります。
そしてガンにもざまざまな種類がありますが、大腸ガン、乳ガン、卵巣ガン、骨軟部肉腫、皮膚ガン、脳腫瘍、内分泌系の腫瘍などが遺伝子性腫瘍症候群になります。
同じ消化器のガンでも食道ガン、胃ガンには受け継ぐ傾向があまりみられませんが、大腸ガン、ポリープは受け継ぐ傾向が強いガンとも言えます。
では、何故癌家系だからという言葉がでてくるのでしょうか。
それは、食生活や生活習慣が似ているから同じ病気になるリスクがあるのです。
もし、家内にガンを発症した人がいれば病名を把握しておくといいでしょう。
そして、遺伝子性腫瘍の可能性がある場合は癌遺伝子検査を受けるのも早期発見の方法の一つではないでしょうか。

Valuable information

美容室を砺波で探す
http://waraku.co.jp/author/dear-nexus

Last update:2015/12/22