癌に関する情報が満載!

癌とアルコールの関係

酒は百薬の長という言葉があるように、酒は適量であれば日頃のストレスを解消し血行も良くなるなど良い作用があります。
しかし飲みすぎると癌の発生率が飲まない人の何倍にも跳ね上り非常に危険です。
特に最初にアルコールと接する咽頭・食道・胃や、アルコールを分解する肝臓はその傾向が非常に強くなります。
お酒を楽しみながら癌を予防するには、まず酒を飲まない日を週に2~3日は作る事です。
この事だけで肝臓の再生を助け、肝硬変・肝臓ガンのリスクが確実に減ります。
次に惰性でお酒を飲まない事です。
職場でのアルコールは職場の人間関係もあるので、適度てあれば飲んでのいいですが、飲み会の後家での晩酌は確実に体に負担を与えます。
最後に喫煙しながらの飲酒は、発ガン率を何十倍にも高めるため厳禁です。
なにがあっても飲酒と喫煙を同時にしてはいけません。
お酒を飲む時には以上のような事に注意して飲酒すれば楽しいお酒を楽しむ事ができます。

癌の発症率はアルコールに関係する

毎日飲酒する人は癌を発症しやすいとされています。
それは生活習慣の中で蓄積されたもので何故、多量飲酒は発症率を上げるのでしょうか。
飲酒は口腔、咽頭、喉頭、食道、肝臓、大腸と女性の場合は乳房の癌の原因とされています。
アルコールそのものに癌を発症する成分が含まれてる為です。
少量で顔が赤くなる人は食道がんになりやすいとされています。
アルコール依存症になった人で胃ガンになる前に胃を切った人の割合が多い事がわかりました。
アルコールは小腸から速やかに吸収されるために胃切除後は吸収が早まり血中濃度の急に上昇し代謝に時間がかかります。
胃切除を受ける人は将来飲酒には十分に気を付けなければいけません。
現在お酒を飲んでいても禁酒をする事により禁酒経過年数が増えるにつれて発症する確率は確実に減っていきます。
確かにお酒はストレスを発散したりとリラックス効果もあり、利尿効果もあり体から老廃物を出してくれたりします。
飲む量には気を付けて飲酒を楽しみましょう。

recommend

2016/7/25 更新