癌に関する情報が満載!

癌の宣告を受けても驚かないことです

癌という病は、昔は不治の病で本人には直接話すことはありませんでした。
家族を呼んで、家族に知らせ余命の日数を伝え、本人には家族の意思で伝えるもよし、伝えないのもよしで任せるのが通例でした。
ところが、現在はドクターが診察を終えて、その結果を患者に話す中で「これは悪性の腫瘍になるので、癌になります」と、直接患者に伝えるケースが圧倒的に増えております。
従って、家族が本人から聞くという逆のケースになっています。
医療の進化によるもので、悪性の腫瘍を発見する手立てが進んだことが大きな要因になっています。
昔は、癌の進行が進み、どうにも手の施しようがない状態にならなければ病を発見することができませんでした。
それが、血液検査で疑わしさがあるものは、内視鏡などで悪性をキャッチできることとなりました。
同じ癌であっても、4段階に分けて生存率を分けており、早期発見では、手術で悪性腫瘍を切除すると、ほとんど再発を防ぐことができます。
また、臓器によっては、転移の早いもの、転移の遅いものもあり、それほど恐れるものではなくなりました。
書物やインターネットでも、情報がたんさん発信されております。
同じ宣告を受けた人の実例を参考にすると安心感が増してきます。

癌を早期発見するにはどうすればいいの?

家族が癌で闘病しているので自分も癌がないか知りたい、ガンを発見できる方法を知りたいなど、ガンについて知りたいと思っている人が多いのではないでしょうか。
症状が出てきてから病院にいくのでは症状の進行も進んでいるため治療が困難になります。
だからこそ、年に一度の健康診断は重要なのです。
各市町村で行われる健康診断や会社で行う健康診断で早期発見され、助かった人が増えてきています。
また、健康診断で異常が見つかるためどこの科に受診すればよいのかわかり、時間を無駄に使わなくてすむ他に検診は無料で受けられるので便利です(がん検診は有料の場合もあります)。
現在では肺・乳・胃・子宮頸・大腸ガンは特定の方法で検診を行うため早期発見しやすくなっています。
特に女性の場合若年層の乳がん・子宮頸がんが増えてきていますが検診を受けている人が約4割とアメリカの8割と比べてみるといかに少ないかわかっていただけるでしょう。
乳がん・子宮頸がんの検診が一般化することで、女性は健康を手にすることができるのです。
健康診断をめんどくさがらずに1年に一度受けることはもはや私たちが健康に生活していく中では必要不可欠な条件ではないでしょうか。

おすすめWEBサイト 8選

防犯カメラの取り扱い企業を熊本で探す
大阪 ボルダリング
西新宿の内科

最終更新日:2018/12/6